小分け冷凍術

毎日の離乳食作りに便利なフリージングですが、1回に使う分量ずつ小分けにしておくととても便利です。(逆に言えば、小分けにしなければとても不便なので注意!)
わが家では、製氷皿フタ付き保存容器冷凍用ジッパー付き袋を用途に応じて使い分けています。

製氷皿で小分け冷凍

製氷皿に入れて冷凍しておけば小分けも楽チン。
特に初期は1製氷皿が大活躍。「おかゆ1キューブ=○g」、「だし1キューブ=○cc」など事前に計っておくと使う時の目安にもなります。

 【製氷皿冷凍にむいている食材】
・初期の離乳食全般
・ゆでてすりつぶしたりみじん切りにした野菜
・野菜スープやだし汁など水分の多いもの

製氷皿で冷凍する時も、なるべく空気に触れないように密閉することが大切。ラップをしてから冷凍室に入れるようにします。
私はふた付きの製氷皿を使っていたので、とても便利でした。
製氷皿でしっかり凍らせたら、中身を取り出してジッパー付き袋にまとめておいてもいいでしょう。

フタ付き保存容器で小分け冷凍

1回に食べる離乳食の量が増えてくる中期以降は、ふた付きの保存容器で冷凍しておくと便利です。

 【保存容器冷凍にむいている食材】
・おかゆ(中期以降)
・そうめんやうどんなどのゆで麺(中期以降)
・ブロッコリーや角切りかぼちゃ、ミートボールなど形のあるもので、個数が少ない場合(多い場合はジッパー付き袋で冷凍)

フタ付き容器の便利なところは、そのままレンジで解凍・加熱ができるところ。おかゆだけでなく、加熱すればそのまま食べられるようなおかずを1食分ずつ冷凍しておくと、忙しい時やちょっと手抜きしたい時にも便利です。

ジッパー付き袋で小分け冷凍

ジッパー付き袋は、たくさんの量の食材を冷凍するのに便利です。
また、細かいものをまとめて入れておくのにも使います。冷凍室内の整理整頓に努めましょう。

 【ジッパー付き袋冷凍にむいている食材】
・ペースト状のもの(じゃがいものマッシュ、ホワイトソースなど)
・みじん切りにした食材(野菜、ひき肉、ほぐした魚など)
・ブロッコリーや角切りかぼちゃなど、形のあるもの(量が多い場合)
・小分けにしてラップで包んだものをまとめる。

ここでのポイントは、使う時に1回分ずつ取り出せるようにしておくこと。
じゃがいもマッシュなどペースト状のものは、薄くのばして冷凍しておくと、使う時はポキポキ折って使えます。菜箸などであらかじめ筋をつけておいてもいいと思います。

薄くのばして冷凍するのがポイント。 菜箸で筋をつけておくとさらに便利!

みじん切りにした食材は、よく水分をきってから薄くのばして冷凍しておきます。そうすると、1つ1つがあまりくっつかずに凍るので取り出しやすくなります。
形のあるブロッコリーなども、水気をよくきって1つずつくっつかないようにして冷凍しておくと便利です。

スポンサーリンク
←フリージングのポイント HOME 時期別フリージングのコツ→