じゃがいも

一年中出回っていて手に入りやすく、ゆでれば簡単につぶせるので初期から使いやすい食材。
注意したいのが、芽の部分。有毒物質が含まれているので必ず取り除きましょう。緑色に変色した部分も同様です。

選び方

傷やシワが少ないもの。芽が出ていたり、緑色っぽいものは避ける。

下ごしらえ

皮と芽を取り除き、やわらかくゆでる。
レンジ加熱炊飯器調理が手軽で便利!)

フリージングの方法と使い方

じゃがいもは角切りや細切りのまま冷凍するとボソボソになってしまうので、基本的につぶして冷凍します。
離乳食の進み具合に応じて、少し固まりが残す程度につぶすなどつぶし加減を調節しても良いと思います。

じゃがいもをフリーザーバッグで冷凍

初期〜完了期

じゃがいものペースト 【冷凍方法】
やわらかくゆでて熱いうちにつぶし(初期であればさらに裏ごし)、ジッパー付き袋に薄くのばし入れて冷凍。
(上の写真のように菜箸などで筋目を入れておくと、使う分だけポキンと折って使えるので便利。)


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱して使う。
・初期・中期:白湯やミルクでのばしてペーストにしたり、ポタージュにしたりする。
・後期・完了期:お焼きやコロッケ、サラダなどに使う。

じゃがいもを使った離乳食レシピ

枝豆のポタージュ (初期)

ブロッコリーのヨーグルト和え (初期)

小松菜ポテト (初期)

ブロッコリーとじゃがいものペースト (初期)

おいものミルク煮 (初期)

トマトポテト (初期)

ツナとブロッコリーの野菜スープ煮 (中期)

ポテトサラダ (後期)

じゃがいものお焼き (後期)

ツナと野菜のコロッケ (完了期)

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME