カリフラワー

ブロッコリー同様、離乳食に用いる場合は基本的に穂先の部分を使います。
軸や茎の部分も食べられるので、大人用の炒め物やスープに利用しましょう。後期以降なら軸や茎の柔らかい部分が混ざっていても食べられると思います。

下ごしらえ

小房に分け、熱湯でやわらかくゆでる。
各時期に合わせた大きさに刻む。

フリージングの方法と使い方

初期

カリフラワー 初期 【冷凍方法】
穂先のみを包丁でそぎ切りにしてすりつぶし(慣れるまではさらに裏ごし)したものを製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱した後、白湯やミルク、だし汁などでのばす。

中期

カリフラワー 中期 【冷凍方法】
穂先のみを包丁でそぎ切りにし、粗く刻んで製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

後期

カリフラワー 後期 【冷凍方法】
穂先部分をさらに細かい房に分け、水気をしっかり切ってジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

完了期

カリフラワー 完了期 【冷凍方法】
細かい房に分けて水気を切ったものをジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

MEMO
写真のようにある程度大きめの小房に分けてゆでたものを冷凍しておき、使う時に細かく刻んでもOK。
調理の時に応用が利くので、メニューの幅が広がります^^
カリフラワー

カリフラワーを使った離乳食レシピ

カリフラワーのペースト (初期)

鮭とカリフラワーのミルク煮 (中期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME