長芋

独特の粘りが特徴の長芋。生で食する機会の多い長芋ですが、離乳食に用いる場合は、加熱してから使います。
ゆでるとやわらかくてとろりとした食感になるので、赤ちゃんにも食べやすい食材。お好み焼きなどのように、すりおろしてから加熱しても良いでしょう。
アレルギーが起きることもあるので、初めて与える時は注意しましょう。

選び方

表面がなめらかで傷がなく、まっすぐなもの。

下ごしらえ

皮をむいてやわらかくゆで、各時期に合わせた大きさに刻む。

フリージングの方法と使い方

長芋は、すりつぶしたものなどは写真のように製氷皿に入れて小分け冷凍します。
量が多い場合や角切りにしたものなどは、ジッパー付きの袋に入れて薄くのばして冷凍し、その都度使う分だけ取り出します。

長芋を製氷皿で小分け冷凍

初期

NG まだ食べられません。

中期

長芋 中期 【冷凍方法】
すりおろす、もしくはすりつぶして製氷皿に小分けにし、冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

後期

長芋 後期 【冷凍方法】
5mm大に切るかフォークでつぶして、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

完了期

長芋 完了期 【冷凍方法】
7〜8mm角に切るかフォークで粗くつぶし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

MEMO
長芋は、生のまますりおろしたものを冷凍することも可能です。
解凍後は、加熱してから使います。

長芋を使った離乳食レシピ

お好み焼き (完了期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME