レバー

レバーは栄養豊富な食材。鉄分が豊富なので、特に離乳食後期以降は積極的に取り入れたいものです。
牛、豚、鶏のレバーがありますが、離乳食には鶏レバーが適しています。くせや臭みが少ないので使いやすいです。

選び方

鮮やかな赤味があり、弾力があるもの。

下ごしらえ

レバーを牛乳で臭み消し

レバーは脂を取り除き、血抜きをする。ボールにレバーが浸るくらい水を入れ、よく洗う。水が汚れたら替え、水が濁らなくなるまで何度か繰り返す。
その後、右写真のようにレバーがかぶるくらいの牛乳を入れて10分ほどおき(臭み消し)、軽く水で洗ってゆでる。

フリージングの方法と使い方

下ごしらえ後、時期に合わせた大きさにしたものは、ジッパー付きの袋に入れて冷凍します。量が少ないときは、写真のようにラップに包んで冷凍してもOK。
また、裏ごししたレバーと野菜とを混ぜ合わせ、白湯でのばすとレバーペーストが作れます。
ゆるいレバーペーストを冷凍する場合はラップやジッパー袋ではなく、製氷皿を利用しても。

レバーをラップに包んで冷凍

初期

NG まだ食べられません。

中期

鶏レバー 中期 【冷凍方法】
裏ごしし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱、または凍ったまま加熱調理する。

後期

鶏レバー 後期 【冷凍方法】
細かいみじん切りにし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱、または凍ったまま加熱調理する。

完了期

鶏レバー 完了期 【冷凍方法】
3〜4mm角に切り、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱、または凍ったまま加熱調理する。

MEMO
レバーはゆでてそのまま冷凍しておいても便利。
凍ったまますりおろすと細かくなるので、赤ちゃんにも食べやすいです。

レバーを使った離乳食レシピ

レバーとほうれん草のだし煮 (中期)

レバーと豆腐の煮物 (中期)

さつまいものレバー和え (中期)

レバニラ炒め (完了期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME