春雨

春雨は乾麺で常温で保存が利くので、常備しておくと便利な食材のひとつ。
時々メニューに取り入れるようにすると、マンネリ化も防げます。
原料がでんぷんなので初期から与えることも可能ですが、うどんやそうめんなどに比べると弾力があり、ゆでてもくたくたになりにくいので、3回食になり食材やメニューに困った時に少し取り入れてみる…という感覚で私自身は使うようになりました。

選び方

春雨は、じゃが芋などのでんぷんを原料にして作られています。一方、緑豆春雨というのは、緑豆のでんぷんを原料にしていて、春雨よりもコシが強く、長時間煮ても煮崩れしにくいです。
離乳食にはどちらを使ってもかまわないと思いますが、柔らかい食感の春雨の方が赤ちゃんには食べやすいかもしれません。

下ごしらえ

湯でもどし、春雨が透き通ってやわらかくなるまで熱湯でゆでる。
湯でもどす前にキッチンばさみなどで食べやすい長さに短く切っておくと、後で刻む手間が省けて便利です。

少量もどしたい場合は、耐熱容器に春雨と浸るくらいの水を入れて2〜3分加熱してもOK。

フリージングの方法と使い方

春雨は、1食分ずつラップで包んで冷凍します。凍ったらさらにフリーザーバッグにまとめておきます。

春雨をラップに包んで冷凍

初期

NG まだ食べられません。

中期

NG まだ食べられません。

後期

春雨 後期 【冷凍方法】
1cm長さに切り、1食分ずつラップで包んで冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱、もしくは凍ったまま煮物やスープなどに加えて加熱する。

完了期

春雨 完了期 【冷凍方法】
2〜3cm長さに切り、1食分ずつラップで包んで冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱、もしくは凍ったまま煮物やスープなどに加えて加熱する。

春雨を使った離乳食レシピ

中華風スープ煮 (後期)

赤ピーマンと春雨のスープ (完了期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME