ひじき

ひじきはカルシウムや鉄分などのミネラル、食物繊維を多く含んでいるので、離乳食にも積極的に取り入れたいもの。
乾燥タイプなら保存もきくので便利です。

選び方

芽ひじきの方が長ひじきよりも短く口当たりが良いので、離乳食に向いています。

下ごしらえ

乾燥ひじきはよく水洗いし、水につけてもどした後やわらかく煮る。

フリージングの方法と使い方

ひじきは、ゆでた後ざるにあげてよく水気を切り、時期に合わせた大きさにして冷凍します。
写真のようにジッパー付きの袋に入れ、薄くのばして筋目をつけて冷凍しておきます。
もしくは、薄くのばした状態で冷凍庫に入れ、2〜3時間経ったところでいったん取り出してクシャクシャともみほぐし、再度冷凍室へ。
ほぐしてあるので、使う時は必要量だけスプーンなどで取り出せて便利です♪

ひじきをフリーザーバッグで冷凍

初期

NG まだ食べられません。

中期

ひじき 中期 【冷凍方法】
粗くすりつぶし、1食分ずつ製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

後期

ひじき 後期 【冷凍方法】
細かいみじん切りにし、ジッパー付き袋に薄くのばして冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

完了期

ひじき 完了期 【冷凍方法】
粗いみじん切りにし、ジッパー付き袋に薄くのばして冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

MEMO
ひじきの煮物も冷凍できます。
多めに作って冷凍しておけば、レンジで解凍・加熱してそのまま食べられるだけでなく、色んな食材と組み合わせてアレンジできるので便利♪
→ひじき煮のアレンジレシピを見る

ひじきを使った離乳食レシピ

ひじきとにんじんの納豆和え (中期)

高野豆腐のひじきあんかけ (中期)

ひじき入り豆腐ハンバーグ (後期)

ひじき入りスクランブルエッグ (後期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME