とろみづけもレンジで

離乳食でよく登場する、「とろみづけ」。ボソボソして食べにくいものでも、少しとろみをつけてあげると口当たりが良くなって食べてくれたりします。
そんなとろみをつけるメニューも、レンジを使えば簡単。
鍋を使うよりも洗い物も少なくて済み、後片付けも楽チンなのも嬉しいですね^^

作り方例 その2〜白菜と豆腐のうま煮〜

 【材料】
 ・白菜(冷凍)
 ・豆腐(冷凍)
 ・和風だし(冷凍)
 ・片栗粉
白菜と豆腐のうま煮
材料をレンジで加熱 1. 白菜豆腐和風だしを耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけてレンジで30秒くらい加熱する。
混ぜて様子を見ながら加熱を繰り返す 2. よく混ぜ合わせ、さらに20〜30秒加熱。十分に加熱されるまで、途中混ぜたりして様子を見ながらレンジ加熱を繰り返す。
片栗粉でとろみづけ 3. 十分に温まったら、片栗粉を加えてよく混ぜ合わせ、ラップかけずに10〜20秒くらい加熱するととろみがつく。

 加熱しすぎると水分が蒸発してしまい、とろみどころかゼリー状になってしまうので注意!
加熱中はレンジの側から離れず、レンジの中でグツグツといっているのが見えたら加熱をストップするとちょうどいい具合にとろみがつきます。

また、片栗粉の量は離乳食の量やとろみの強さによって変えてください。

加熱時間は食材の量や電子レンジの機種などによって異なってきますので、必ず各自で様子を見ながらレンジ加熱を行ってください。

スポンサーリンク
←基本のレンジ調理法 HOME