レタス

レタスといえば生で食べることも多い野菜ですが、赤ちゃんに与える時は必ず火を通すようにします。加熱するとやわらかくなり、赤ちゃんにとっては食べやすい食材のひとつだと思います。
離乳食には内側のやわらかい部分の葉先を使うと良いでしょう。

選び方

レタスは葉がみずみずしく、巻きがしっかりしているものを選びます。

下ごしらえ

葉先のみを使う。
芯や葉脈を取り除き、やわらかくゆでる。
水気をしぼり、各時期に合わせた大きさに刻む。

フリージングの方法と使い方

初期

レタス 初期 【冷凍方法】
刻んですり鉢ですりつぶし、製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱した後、白湯やミルク、だし汁などでのばす。

中期

レタス 中期 【冷凍方法】
細かく刻み、製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

後期

レタス 後期 【冷凍方法】
5mm角に刻み、製氷皿で小分け冷凍(量が多い場合はジッパー付き袋に薄くのばして冷凍してもOK)。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

完了期

レタス 完了期 【冷凍方法】
7〜8mm角に刻み、製氷皿で小分け冷凍(量が多い場合はジッパー付き袋に薄くのばして冷凍してもOK)。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープ、炒め物などに加える。

レタスを使った離乳食レシピ

レタスのだし煮 (初期)

レタスと鶏ささみのとろみスープ (中期)

なすと豚肉のケチャップ煮 (完了期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME