赤身魚(鮭、まぐろ、かつお)

赤身魚は良質のたんぱく質や鉄分を含んでいるのが魅力。
刺身用、もしくは「さく」で売られているものを買うと、骨や皮などを取り除く手間が省けて調理が楽です。
鮭は切り身の場合、塩鮭ではなく生鮭を。また、キングサーモンやトロは脂肪分が多いので避けます。

選び方

色が鮮やかでハリがあるもの。
「さく」で売られている場合は、筋が平行に入っているもの。

下ごしらえ

熱湯でゆでて、骨や皮、血合いの部分を取り除く。

フリージングの方法と使い方

初期

NG まだ食べられません。

中期

赤身魚 中期 【冷凍方法】
軽くすりつぶしたものを、製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱する。

後期

赤身魚 後期 【冷凍方法】
細かくほぐし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱する。

完了期

赤身魚 完了期 【冷凍方法】
粗くほぐし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
レンジで解凍・加熱する。

MEMO
このように、ゆでてフレーク状にしたものをまとめて冷凍しておくと便利。
使いたい分だけスプーンなどですくって取り出し、おかゆに混ぜたりスープやパスタの具にしたりと重宝します♪
鮭フレーク

赤身魚を使った離乳食レシピ

鮭とカリフラワーのミルク煮 (中期)

じゃがいものお焼き (後期)

鮭とチンゲンサイのクリーム煮 (後期)

カツオとほうれん草のトマト炒め (完了期)

きゅうりとカツオの磯和え (完了期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME