パン

パンは調理も手軽にできるので、常備しておくと便利な食材のひとつですが、原材料の小麦はアレルギーを引き起こす事があるので、最初は慎重に与えます。
いろんな種類のパンがありますが、離乳食初期から使うならプレーンな食パンがおすすめ。
みみの部分は固く、またバターなどの油脂が多くついている可能性もあるので、最初は白くてやわらかい部分のみを使った方がよいでしょう。

選び方

プレーンな食パンがオススメ。初期から使えます。
後期以降はロールパンも使えるようになります(ただし、卵が入っているので注意が必要です)が、菓子パンや調理パンは糖分や油脂分が多いので避けます。

フリージングの方法と使い方

1食分の大きさに切り分け、ラップで包んだものをフリーザーバッグにまとめて冷凍しておきます。
もしくは、適当な大きさにちぎったり角切りにしたりしたものを、フリーザーバッグに入れて冷凍しておくと、パンがゆを作る時にちぎる手間が省けて便利です。

冷凍した食パンは自然解凍もできますが、月齢が低いうちは一度加熱もしくはトーストしてから使った方が安心です。

1食分ずつラップで包んで冷凍。
角切りにして冷凍しておいても便利。

初期

食パン 初期 【冷凍方法】
1食分の大きさに切り分け、それぞれラップで包む。ジッパー付き袋にまとめて冷凍。


【解凍・調理法】
凍ったまますりおろす。
白湯やミルクなどにひたしてレンジ加熱し、パンがゆに。

中期

食パン 中期 【冷凍方法】
こまかくちぎったものをジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
凍ったまま白湯やミルクなどにひたしてレンジ加熱し、パンがゆに。

後期

食パン 後期 【冷凍方法】
食べやすい大きさ(1cm角、スティック状など)に切り、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
凍ったまま加熱して使うか、凍ったままトーストする。
そのままだとまだ食べにくいので、ミルクやスープにひたしながら食べさせるのがオススメ。

完了期

食パン 完了期 【冷凍方法】
食べやすい大きさ(スティック状、1食分など)に切り、ジッパー付き袋にまとめて入れて冷凍。


【解凍・調理法】
凍ったままトーストする。

MEMO
離乳食を始めたばかりのころは、このように食パンを凍ったまますりおろすと、きめ細かいパンがゆが作れます。
写真のようにパンのみみを切り落とさずに冷凍しておいた方が、白い部分の隅っこまで無駄なくすりおろすことができます。
食パンを凍ったまますりおろしてパンがゆに
また、パンがゆも冷凍できます。多めに作ったら、製氷皿やフタ付き容器などに1食分ずつ小分けしてフリージングしておくと便利!
ロールパンも冷凍可能。丸ごとジッパー付きの袋に入れて冷凍します。解凍は自然解凍で。

食パンを使った離乳食レシピ

パンがゆ (初期)

アスパラのミルクパンがゆ (初期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME