豆腐

豆腐は良質なたんぱく質が手軽にとれる、初期から使える食材のひとつ。
冷奴など加熱せずに食べる機会も多いですが、豆腐を離乳食に使う場合は、必ず火を通してから使うようにします。

選び方

絹豆腐と木綿豆腐とがありますが、どちらも離乳食に使えます。
絹豆腐の方が水分が多くてつぶしやすく、舌触りもなめらかになるので、特に初期は絹豆腐の方がオススメです。

下ごしらえ

下ゆで(水をはった耐熱容器に豆腐を入れてレンジ加熱でもOK)し、水気を切っておく。

フリージングの方法と使い方

豆腐は冷凍するとボソボソになって食感が変わってしまうため、一般的には冷凍は不向きとされていますが、冷凍後の豆腐は高野豆腐のような感覚で離乳食にも使えます。
(高野豆腐のようなモソモソ感、ざらつきが苦手な赤ちゃんには、冷凍前の豆腐の方が食べやすいかと思います。)

初期

豆腐 初期 【冷凍方法】
すり鉢ですりつぶし、製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

中期

豆腐 中期 【冷凍方法】
すり鉢で粗くすりつぶし、製氷皿で小分け冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

後期

豆腐 後期 【冷凍方法】
フォークなどで5mm大につぶし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

完了期

豆腐 完了期 【冷凍方法】
フォークなどで1cm大につぶし、ジッパー付き袋に入れて冷凍。


【解凍・調理法】
電子レンジで解凍・加熱する。

豆腐を使った離乳食レシピ

豆腐と小松菜、玉ねぎのだし煮 (初期)

にんじんと豆腐のスープ (初期)


関連記事

スポンサーリンク
←フリージング実践編TOPへ HOME