離乳食の進め方

離乳食、いつ始めたらいいんだろう?何をどのくらい食べさせたらいいの?
私も分からないことだらけでした。
離乳食の期間が終わろうとしている今になって、「あれはこういうことだったのか!」と初めて気付くこともあります。

こちらでは、離乳食の基本、進めるにあたって知っておくと便利なことなどを紹介しています(厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」を基に作成しています)。

離乳食に対する考え方は人それぞれですし、赤ちゃんによっても一人ひとり個人差があります。私個人の考えも含まれていますので、これがすべて正しいというものではありません。
大切なのは、個々の赤ちゃんに合わせて進めていくことです。あらかじめご了承ください。

(厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」の策定を受け、以下のページについて内容の見直し・修正を行いました。 2007年7月)

【「改訂 離乳の基本」からの主な変更点】
・離乳開始前の果汁やスプーン慣らし:必要なし
・離乳の開始時期:「生後5か月になった頃」→「生後5、6か月頃」
・母乳の回数:欲するままに与える
・離乳期は、食事のリズムを作ることや色んな食品に親しむこと、食べる楽しさを体験することが重要。

準備期について

離乳食を始める前の慣らし期間について。

5、6ヶ月頃(ゴックン期)

5、6ヶ月頃。離乳の開始。

7、8ヶ月頃

7〜8ヶ月頃。

9〜11ヶ月頃

9〜11ヶ月頃。

12〜18ヶ月頃

12ヶ月〜18ヶ月頃。

スポンサーリンク
HOME 準備期について→