5、6ヶ月頃(ゴックン期)

離乳食の開始は5、6ヶ月ごろが適当と言われています。
5ヶ月になったらすぐにスタート!と焦る必要はなく、6ヶ月になってから開始する…くらいの気持ちでよいと思います。
首がしっかりとすわっている、支えてあげると座れる、大人の食べている様子を見て食べたそうなそぶり(よだれが出る、口をモグモグと動かすなど)をする、スプーンを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる、などが離乳食をスタートする目安です。

最初は1日1回、小さじ1から始めます。徐々に量を増やしていき、スタートから1ヶ月ほど経って離乳食に慣れてきたら1日2回に増やします。

離乳食の進め方の目安

離乳食の回数 1日1回→2回
母乳・ミルクの回数 飲みたいだけ与える。
離乳食の固さ(調理形態) なめらかにすりつぶした状態
一回あたりの量 I群 穀類 つぶしがゆから始める

すりつぶした野菜なども試してみる

慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚
などを試してみる
U群 野菜・果物類
V群
または 
または 豆腐
または 
または 乳製品
厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」より

どう食べさせる?

最初はつぶしがゆなどの穀類から始めます。小さじ1(5ml)の量からスタートしましょう。
1週間たっておかゆに慣れてきたら、今度は野菜のメニューを加えます。初めてのものを与える時は、必ず小さじ1の量から始め、赤ちゃんの様子(下痢していないか、発疹が出ていないか等)を見ながら1さじずつ量を増やしていきます。
3週目になったら、次はたんぱく質を小さじ1から…というように、焦らず少しずつ食べられる量と種類を増やしていきます。

この時期は、離乳食を飲み込むこと、離乳食の舌ざわりや味に慣れることが一番の目的なので、食べてくれないからといって心配する必要もないと思います。

 【進め方のポイント】
・離乳食の最初のひと口にはおかゆがオススメ。
・初めて食べさせる食材は、必ず小さじ1から。様子を見て、1さじずつ量を増やしていく。
・新しい食材を食べさせる時は必ず1種類ずつ。
もし発疹が出たりした場合、どの食材が原因だったのかが分からなくなってしまうため。
・大切なのは、離乳食に慣れること。食べる量にこだわりすぎず、焦らず進めていく。

私が最初の1ヶ月間息子に食べさせたメニューを離乳食初期の進め方の例に載せています。進め方の参考になれば嬉しいです。

食べられるもの

初期は、食材をすりつぶしたり裏ごししたりする必要があるので、やわらかくゆでられるもの、口当たりがなめらかなもの、クセがないものを選んで与えます。

また、初期は味付けはほとんどしないのが基本。調味料は必要ありません。
薄味にすることで味覚が育つそうです。だしや野菜スープの味だけで、あとは素材そのものの味を味わせてあげましょう。

【食べられるものリスト】
糖類 たんぱく質 ビタミン
米、パン、そうめん、うどん、じゃがいも、さつまいも、バナナ 豆腐、白身魚、固ゆで卵の黄身、プレーンヨーグルト、カッテージチーズ、きな粉 ほうれん草、小松菜、キャベツ、白菜、レタス、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、大根、かぶ、かぼちゃ、トマト、りんご、いちご、みかん、桃

固さの目安は?

離乳初期 ドロドロ状
10倍がゆ
ドロドロ状。プレーンヨーグルトが固さの目安です。


基本的に、食材をやわらかくゆでてすりつぶしてのばしたものを与えます。最初はさらに裏ごしして、なめらかにしてあげると食べやすくなります。
徐々に水分量を減らしていき、初期の終わりごろには少し粒が残っていても食べられるようになってきます。

食べさせる時間は?

最初は、授乳のうちの1回を離乳食に。食べさせる時間は、かかりつけの小児科が開いている時間帯であればいつでも構わないと思います(もしアレルギーなどが出た場合にすぐに診てもらえるので)。
離乳食の本などを見ると午前中などと書いてあるものもありますが、私の場合は正午にしました。私が一緒に食事をしている方が息子もよく食べてくれたので、一緒に食べていました。

2回食に進んだら、1回目と2回目の離乳食の間を4時間以上開けることだけ注意しましょう。
私の場合は1回目は12時、2回目は18時半ごろ(ただし、新しい食材は与えない)に食べさせていました。2回とも、大人と一緒に食事です。
赤ちゃんの授乳やお昼寝のリズムと相談しながら、時間を設定すると良いと思います。

授乳は?

おっぱいやミルクは、回数にこだわらず赤ちゃんが欲しがるだけ与えます。

私の場合は、離乳食後もゴクゴク飲んでいたので、1日5〜6回+食後という授乳パターンでした。授乳時間はお昼寝のタイミングなどでもずれて、不規則になりがちでしたが、そのうち徐々にリズムが出来てきたので、 「授乳の時間を規則的にしなきゃ」とか、「もっと授乳回数を減らさなきゃ」とか焦る必要はないと思います。

←準備期について HOME 初期の進め方の例→